iPhoneの本体バッテリーの寿命はどの位?

公式では3年程度とされている

iPhone本体のバッテリーの寿命は、Appleによると3年とされています。もちろん、全てが全て3年で駄目になってしまうわけでもなければ、その逆に3年持たずに劣化をしてしまうこともあるので、あくまでも目安としてはおおよそ3年ぐらいが目処と考えておくのが良いでしょう。このぐらいの年数がたてば寿命ではなくてもバッテリーがそれなりに劣化をしてくるのは事実ですから、公式の発表だけに目安としては丁度いいと言えます。また、バッテリーだけでなく本体の買い替えサイクル的にも3年というのは頃合いとして良い時期なので、そろそろ新しい機種に買い換えようと検討するぐらいの時期にバッテリーも寿命をむかえると考えておくと覚えやすくなります。

使い方によって寿命は大きく変わる

目安としては3年と覚えておけば間違いありませんが、バッテリーは使い方によって寿命が大きく変わってきます。電話の待受け程度にしか使っていなくて充電をするのは数日に一度という人と、毎日どころか一日に何回も充電をするようなヘビーユーザーでは持ちが変わってきます。また、高温の環境で使用することが多かったり充電をしながら使用をしてもバッテリーの劣化を早めてしまいますから、使い方次第では1-2年程度で駄目になってしまうことも十分に考えられるのです。ちょっとした使い方の違いで寿命は大きく変わることもありますから、バッテリーの寿命を考える時には自分がどのような使い方をしているのかを考慮して見ると、3年持つか持たないか判断しやすくなります。

iphoneの充電ができないときは、再起動してみます。長い間使っていると動作不良により、iphoneが充電を受け付けなくなります。また、充電機を純正の電源アダプタや充電ケーブルに替えて試してみるという方法があります。