iPhoneの液晶パネルは丈夫ですが、運悪く割れる事も?!

画面割れのほとんどの原因は落下

画面割れのほとんどの原因は落下で、状況によって割れたり割れなかったりします。iphoneが手から離れてしまった時に、家のソファに落ちればノーダメージですが路上のアスファルトであれば非常に危険です。後はパネルの反対側から落下したり、角から落下した場合も画面割れをある程度防げます。故に、落下させてしまった時に画面が割れるか否かは運任せと言っても過言ではありません。落下だけでなく、床に置いてあるiphoneを踏んでしまったりペットの悪戯で割れることもあります。小さなヒビがどんどん広がって、最終的に全く画面が分からなくなることも多いです。iphoneはとても身近なアイテムではありますが、繊細な機械だということを今一度理解して扱いたいものです。

少しのヒビでも修理をする

iphoneケースを購入したり、手から離れないようにバンドを購入するのは有益です。これらのアイテムを活用することで、100%ではありませんが画面割れを防ぐことが可能です。万が一画面が割れたりヒビが入ったら、即座に修理するしかありません。少しのヒビであれば一応使い続けることは可能ですが、見た目が悪くなりますし最悪怪我をするかもしれません。画面が割れて内部も大きなダメージを受けてしまうと、長い間修理に出すことになります。ひどい場合は修理不可能で、買い替えという選択をしなければいけません。少しの割れであれば、数日または即日の修理が可能です。口コミなどを調べて良さそうな修理店を探せば、簡単に画面割れの問題を解消できます。

iphone6sのバッテリー交換は、安全性の検査や確認を行なっているものを選びましょう。電気用品安全法に適合しているバッテリーなら安心して使えます。